むち打ち症の原因と治療

鞭打ち症のメカニズム

鞭打ち症は、交通事故やコンタクトスポーツで良くみられる障害です。

スポーツ、交通事故等で強い力が加わるとその衝撃で赤→方向に頭が振れます。その結果赤丸部分には大きな力が加わり軟部組織の損傷が起こります。

NUL

特に赤丸で囲った下部頚椎エリアには、過剰な運動が発生するせいで組織損傷が発生します。患部自体には炎症があり、炎症自体が痛みの原因になりますから、まずはアイシング(冷湿布ではダメ!)をします。

本来、頚椎~胸椎間は動きが連動しますから、少しくらいの衝撃は背骨のクッション機能により吸収されるのですが、鞭打ちにより過剰な炎症を起こす場合、この頚椎~胸椎間の連動性がそもそも低下してクッション機能が消失している例を多く観察します。こういった場合、炎症の発生原因になると同時に損傷治癒を遅らせる原因になりますから、カイロプラクティックでは主に、胸椎や前胸部の筋肉にアプローチする事で背骨本来のクッション機能を取り戻し、損傷個所の速やかな回復を導きます。

原則、鞭打ち治療は痛みの消失をもって施術終了しますが、鞭打ち発生時の衝撃により頭蓋運動が障害された場合、後遺障害(全身性の不定愁訴)が残る可能性があります。こういった場合さらにAK(アプライドキネシオロジー)等の特殊なカイロプラクティックテクニックを用いて対処していきます。

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。