胸郭出口症候群の原因と治療

 

cropped-OZP73_katakoriyabai20130707_TP_V.jpg

お心当たりはありませんか?

・手術を勧められている。

・牽引や湿布や電気は試したが改善しない。

・痛みどめで誤魔化している。

・マッサージや鍼で良くならない。

 

では、胸郭出口症候群とはいったいどんな状態なのでしょうか?

 

胸郭出口症候群のメカニズム

胸郭出口というのは、胸郭上口という胸郭上方の神経、血管、リンパ管の通り道の事です。

kyoukaku1

黄色いサークルが胸郭上口(出口)。それが青いサークル状に縮んでしまうのが胸郭出口症候群の特徴です。歪んでしまう原因は胸の筋肉の癒着、軟部組織の短縮癒着等に胸椎の後湾や内臓機能の低下等が合併する事です。

一般的に胸郭出口症候群は、その症状として背中や首や肩の痛み、頭痛、手のシビレ、ストレートネック、頸椎ヘルニア等を引き起こします。整形外科では基本的な処置として、頸椎牽引や湿布、電気等を行いますが、殆どは無効です。特に頚椎牽引は有害でさえあるケースを多く観察します

胸郭出口症候群の改善で必要なのは、胸郭周囲の構造への適切なアプローチと生活習慣の改善です。

こういったアプローチは我々カイロプラクターのほぼ独壇場といっても過言ではないでしょう。安易に牽引や電気やマッサージや投薬に頼る事無く、最寄りの臨床経験豊富なカイロプラクターの施術を受ける事が問題解決の近道ですが、近隣に頼れるカイロプラクターがいない場合もあるでしょう。そういった場合は是非下記の対応をお試し下さい。

 

①必ず就寝時は仰向けで寝る。就寝前に温かいものを飲むと仰向けで寝やすくなりますから試してみて下さい。

 

②胸を開くストレッチ。肘を少し肩より上にあげて壁に付け、胸の筋肉が軽く引っ張られる状態を10秒間維持します。それを一日に3回程度繰り返しましょう。

 

③首をアイシング。痛い側の首の付け根をアイシングしましょう。氷嚢を約10分間患部にあて、それを2時間に一回繰り返します。

 

上記の3つを一定期間繰り返して症状の改善が得られないケースでは、ご自分で対応できる範囲を超えています。その際はご面倒でも近隣のカイロプラクティックの受診をご検討されると良いでしょう。

 

院長 矢作 祐介

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。