ぎっくり腰の原因と治療

ぎっくり腰の原因と治療

 

起床してすぐに腰にギクッと、もしくは激しいスポーツの後にギクッと、あとはくしゃみの時にギクッと。多分こんな感じで腰にギクッとした痛みを経験された方も多いと思います。いわゆるぎっくり腰ですね。

ではギックリ腰とは一体どんなものなのでしょうか?まずギックリ腰は数種類ある事を覚えておきましょう。

 

①靭帯型

これは瞬間的なショックが加わったせいで靭帯が損傷し炎症を起こすパターンです。靭帯の炎症ですからようするに一種の捻挫ですね。激しいスポーツやクシャミ、時には椅子から立ち上がった拍子などに発症します。

痛みの特徴はピンポイントでズキリとした強い痛みがある事。まれに下肢の方に症状が放散しますが、原則はピンポイントのズキリとした痛みが動作のたびに発生します。温めると直後は楽に感じますが、その後に必ず悪化します。

leg-num
ネッター解剖学図譜より

上の図は仙腸靭帯と腸腰靭帯。炎症を起こすと赤丸部分にズキリとした鋭い痛み、そして下肢に放散痛が発症します。整形外科に行くと大抵は「坐骨神経痛」と診断されてしまいますが、実際には「仙腸靭帯炎」「腸腰靭帯炎」といって全く別種のものです。

 

②筋肉型

多分、最も多いパターンのギックリ腰でしょう。腰の周りの筋肉群、特に腸腰筋が硬くなりすぎて発症します。普段デスクワークされている方が朝に発症する事が多いパターンです。

chouyou

上の図が腸腰筋です。骨盤内を走行し腰椎と骨盤と大腿骨を連結します。俗にインナーマッスルやコアマッスルと呼ばれますがご存知ですか?体幹前面の腸腰筋と体幹後面の多裂筋のバランスが崩れ強い痛みが起こります。
こういったパターンのぎっくり腰は比較的に広範囲に腰が痛みますが、下肢への症状はありません。

 

③椎間板型

まず椎間板障害によるギックリ腰です。世間的には椎間板ヘルニアで有名ですね。ただ世間一般で言われているような神経圧迫の物とは少々違います。世間的にはヘルニアが神経圧迫を起こして云々と説明を受けるのですがギックリ腰の場合は神経圧迫では無く、椎間板の外側に小さな亀裂が入った状態です。

tuikanban

椎間板というのは中心にある髄核と周囲を囲む繊維輪で構成されています。上の図では中心にある筈の髄核が後方にズレて繊維輪を左後方に膨らませているのが判りますね? この膨らんだ部分がヘルニアです。この内側から外側への圧力が臨界に達した結果、繊維輪の外側に亀裂が入ってしまった状態、それが椎間板障害からのギックリ腰です。かなり強烈な痛みを特徴とし、下肢への症状拡散も珍しくありません。

 

院長 矢作 祐介

いずれのパターンのぎっくり腰も、急性痛は炎症を伴っていることが多いものです。一番楽な姿勢をとって動画を参考にアイシングされると良いでしょう。

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。