カンジダ症の原因と治療

甘いものはカンジダ菌の大好物。

a0002_010703

 

自律神経失調症や原因不明の不定愁訴。

その多くにカンジダ菌の異常増殖が関与するのはご存知ですか?

カンジダ菌というのは腸内に住む常在菌ですが、何らかの理由により異常増殖するとこのような症状を誘発します。

 

強い倦怠感、めまい、頭痛、頭がモヤモヤする、抑うつ、気分のムラ、慢性的な肩こり、腰痛、冷え、浮腫み、耳鳴り、生理痛、手のシビレ、不眠症、蚊に刺されて治らない、尿道炎、膀胱炎、甲状腺機能障害、性欲減退、下腹部の痛み、多汗症、慢性鼻炎、慢性扁桃腺炎、慢性気管支炎、耳のつまり感、肌荒れ、膣炎、ニキビ、口内炎、舌苔、痔、じんましん、膠原病、過敏性腸症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎、下痢症、便秘症、腹部膨満、大腸ポリープ、逆流性食道炎、口臭、PMS、生理不順、子宮筋腫、不妊症、子宮内膜症、卵巣膿腫etc


異常増殖したカンジダ菌は体内に拡散し、約80種類の毒素を放出する事でこのような愁訴の原因となります。

ようするに現代医学が苦手としている自律神経失調症や原因不明の不定愁訴といわれる症状になった場合は常にカンジダ菌の関与を疑うべきという事です。

カンジダ真菌がかかわる疾患としては、「膣カンジダ」が一般的には有名でしょう。そのせいかカンジダ=性病と誤解する方も多いようですが実際は違います。性病ではありません。

通常カンジダ菌は誰の体にも存在します。腸内の細菌バランスがとれていれば問題を起こしませんが、抗生物質等の服用により腸内環境がし異常に増殖する事で上記のような様々な問題を発症します。

 

腸内環境の悪化因子とは?

 

抗生物質・ステロイド剤・経口避妊薬・経口下剤・精製炭水化物の過剰摂取・アルコールの常飲・消炎鎮痛剤・制酸剤・食品添加物・キシリトール・マウスウォッシュ

 

お心あたりは有る方も多いでしょう。これらがカンジダ菌異常増殖の原因達です。

精製炭水化物というのは要するに白米、ケーキ、パスタ、うどん、砂糖等の白くてオイシイモノです。特にパンはイースト菌を使いますからカンジダ菌が増える原因になります。

(オイシイモノほどカンジダ菌の大好物です。困ったものです)


さらにカンジダ真菌異常繁殖は精神症状、倦怠感、数々の不定愁訴を起こすので病院等に行くと自律神経失調症やうつ、時には更年期障害と診断されてしまう事が多い疾患です。
当然ですが、カンジダ菌が原因ですから抗鬱剤等は全く効果はありません。

では、カンジダ真菌が疑われる場合どうしたら良いのでしょうか?

当院では、まず患者の身体を調べ消化吸収機能の改善を図ります。特に胃酸分泌や副腎、甲状腺などの働きを検査します。

そして食生活を調べ、問題点を指摘し同時にカンジダ菌を除菌する為に必要なハーブ、サプリメント、その他のアドバイス、及び全般的な腸内細菌叢改善の為のアドバイスを行います。

当院での施術のイメージとしては、あくまで当院での施術はサポートで、患者さん自身による食養生やサプリメント類の摂取がメインになってきます。

カンジダ菌異常増殖が、様々な愁訴の原因になっている場合かなり腸内環境が悪化しているのが通常ですが、当院でのアプローチでカンジダ菌をやっつけ、腸内環境が整うまでには普通で数か月はかかります。

残念ですが短期での改善はありません。ですが時間をかけてしっかり取り組めば改善できる問題です。もし改善を望むのであればあせらずじっくり取り組んでいきましょう。

 

p_20161124_202034

カンジダ除菌に使う代表的なサプリメント・精油です。カンジダ菌の感染場所等に応じてこれらの内から適したものを選択しアドバイス致します。

またカンジダ除菌の際には、ダイオフ反応を抑える為に肝臓・腎臓等のサポート物質の摂取も必要です。当院では、それらまで視野に入れたトータルでのカンジダ対応を致しております。

もしもカンジダ増殖の疑いのある方はお気軽にご相談下さい。

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500  

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。