坐骨神経痛の原因と治療

坐骨神経痛のメカニズム

一般に坐骨神経痛はイコール椎間板ヘルニアと思われていますが、それは間違いです。

極々例外的に椎間板ヘルニアが痛みに因果関係を持つことはありますが、一般的に言われるような神経圧迫ではありません。

皆さんが通常、整形外科等で坐骨神経痛と診断されるものの大半は”坐骨神経痛症状”であって”坐骨神経痛”ではありません。本物の”坐骨神経痛”と”坐骨神経痛症状”を鑑別するには徒手検査が絶対必要ですが、ご存知ですか?

徒手検査で使う代表的検査器具です。

HDC-303X ExifImageTitle

本物の坐骨神経痛はMRI等の画像診断だけでは他の”坐骨神経痛症状”との鑑別は出来ません。皆さんは多分、整形外科等で坐骨神経痛の診断を受けた際、こういった器具を使った検査は受けなかったのではないでしょうか???
こういった徒手検査は手間がかかりますし、習熟するのにもかなり年数がかかってしまうので、病院においては殆ど行われていないのが現実です。
(短時間にたくさんの患者を診ねばならない病院運営の性格上、止むを得ないのかもしれませんが・・・。)

では実際に皆さんを苦しめている”坐骨神経痛症状”とは何でしょうか???

その答えは靭帯筋肉です。

shoudenkin1

トリガーポイントマニュアルより

坐骨神経痛様症状を起こす最も代表的な筋肉は”小殿筋”といいます。そしてこの筋肉が問題を起こすと上の図の赤いエリアに痛みが生じます。
この赤いエリアの痛みに覚えはありませんか? もし覚えがあれば十中八九、痛みの原因は”小殿筋”でしょう。こういった筋肉が原因で起こる痛みの事を”筋筋膜疼痛症候群(トリガーポイント)”と呼びますが、ご存知でしたか? もっとも代表的なものは小殿筋ですが、それ以外にも中殿筋梨状筋等の筋肉が坐骨神経痛様症状の原因筋として有名です。

そして下の図の赤丸は腸腰靭帯といって、坐骨神経痛様症状の原因になりやすい靭帯です。骨盤が歪んだり、腰椎が捻じれるとこの靭帯に炎症が起こり坐骨神経痛そっくりの症状が発生します。

 

leg-num

坐骨神経が何らかの原因で障害されて症状が発生するのが本物の坐骨神経痛です。そしてこういったケースでは必ず筋力低下感覚低下が伴います。これらの異常の存在は上記の器具を用いた徒手検査によってしか確認出来ませんから、レントゲンやMRI等の画像診断のみで下される坐骨神経痛という診断には、相当数の誤診が含まれている事実は知っておくと良いでしょう。

 

 

院長 矢作 祐介

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。