椎間板ヘルニアの嘘

なぜ病院では痛みの原因をヘルニアにしたがるのでしょうか?

ozp73_hakuikitasensei20140321_tp_v

 

痛みの原因が椎間板ヘルニアという説明はウソです。

ウソというと少し仰々しいので方便という事にしましょう(笑)。でも世間一般では椎間板ヘルニアは痛みの原因と説明される事が殆どです。

特に整形外科にいかれた方はご存じでしょうが、痛みの原因は椎間板ヘルニアと説明される事が大半です。


一体なぜでしょうか?

まず最初に回答を出してしまいましょう。それは説明が簡単だからです。

あまりにも呆気ない理由なので信じられないかもしれませんが事実です。では椎間板ヘルニアで滅多に痛みが起こらない理由を説明しましょう。
 皆さんは、子供の頃に糸電話で遊んだことはありますか?糸電話に例えれば神経線維というのは糸電話の糸です。情報を伝えるパイプと考えてもいいかもしれません。では糸電話の糸を指で摘まんでみましょう。
どうなるでしょうか・・・? 

当然情報が伝達されなくなるので音が聞こえなくなりますね? 情報を伝えるパイプと考えても同様です。圧迫されれば内部を通る情報が遮断されるのですから当然です。

神経繊維内を通る情報は、感覚信号と運動命令ですから、これらの情報伝達が遮断される点から考えれば、椎間板ヘルニアによる神経圧迫によって起こる症状は

筋力低下”か”感覚低下(痛みを感じなくなる!)

であると考えるのが当然ですし、医科学上の常識です。

ビックリですね!病院の説明とは正反対!(笑)

では一体なぜ椎間板ヘルニア痛みの原因説が市民権を得てしまったのでしょうか?答えは冒頭で述べましたが、もう少し詳しく解説します。

まず医師の側から考えましょう。

医師はその責任の重さや責任範囲の広さからある程度”神格化”された存在になるのはやむを得ない事です。しかし当然彼らも人間ですし、神ではありません。

多くの方々はどこか体の不調を感じた場合、その医師への信頼感ゆえ病院を訪れる事になります。そうすると当然、病院は大混雑。医師は一日にたくさんの患者さんを診察せねばなりません。そこで重要になるのは診察時間の短縮です。これは病院経営上絶対避けて通れません。
そうなると患者に痛みの原因を説明するにあたり可能な限り時間を短縮できる、説得力のある説明(判りやすくフォーマット化された説明)が必要になります。

皆さんが、整形外科を受診した時の様子を思い出してみて下さい。待合室に患者は溢れていませんでしたか? 通常病院勤務の勤務医は多忙です。少しでも時間を短縮して大量の患者を診なければ病院運営は成り立ちません。
皆さんが医師の診察を受けた際、医師はレントゲンやMRI等の画像を見せながらこんな説明をしませんでしたか? 

「飛び出たヘルニア(軟骨)が神経を圧迫しているから痛みがでるんですよ」

n934_sarari-mannishindanok_tp_v

これこそが病院経営の為に作り出された説明フォーマットの典型です。

医科学を勉強した人間ならば、神経は圧迫を受けたところで痛みなど起きないのを知っていますから笑止な説明ですが、一般の方は画像を見せられながら説明を受けると、痛みの発生過程が非常にイメージしやすいので簡単に(短時間で!)信じてしまいます。

病院経営の都合上この椎間板ヘルニア痛みの原因説は非常に経営上有効なので全国津々浦々に広がってしまい、いつのまにか単なる病院経営上の方便が”真実と勘違い”されてしまったというのが実情の所です。
まさにウソも百回繰り返せば真実状態です。

 

「椎間板ヘルニアが痛みの原因説とは、病院経営の為の方便」

残念ですがこれが「椎間板ヘルニア=痛みの原因説」の真実です。

 

椎間板ヘルニアに関する豆知識。


豆知識 その①

世間一般的には、椎間板ヘルニア原因説の信奉者が多く、私も多くの患者さんを当院で診察するにあたり、説明に苦労する事が多々あります。そこでもう少し椎間板ヘルニアについて学習してみましょう。
まず皆さんが病院で見せられた画像についてです。

典型的なヘルニアです。
tuikanban

この青丸部分の隆起した物が椎間板ヘルニアです。この隆起部分が神経を圧迫して云々と言われたらやっぱり信じてしまいますよね。だって非常に痛みが起こる原因がイメージしやすいから。

しかし、もしこのヘルニア像が全く腰痛の無い健康な方の物だとしたらどうでしょう???? 

 実は、医療業界と医学会の間には椎間板ヘルニアに対しての意見の対立がありました。臨床医達は、実際に病院に来院される腰痛患者のMRIを撮影すると椎間板ヘルニアが存在するケースが多い事から、医学部にて神経圧迫では痛みが起こらないという医学教育を受けながらも、椎間板ヘルニアと痛みの間に何らかの因果関係を疑う者が多く存在しました。
けれど神経圧迫では痛みが起こる筈がないのが医科学上の常識ですから、そういった臨床医達と医科学者達の間で論争が起こりました。

臨床医達の理論根拠は、あくまで腰痛患者の椎間板ヘルニア罹患率の多さです。そこで医科学者達はある実験を行いました。その実験とは全く腰痛の無い健康な人間を集め、腰部のMRI画像を撮影してみたのです。

その結果、健康な方の約4割に、椎間板ヘルニアの存在が確認されました

ようするに椎間板ヘルニアが直接には痛みの原因とならない事が証明されたのです。
この実験が契機となり、臨床医と医科学者の間の意見対立に一応の終止符が打たれる事になります。

ただし、頑固な先生もまだまだいらっしゃるようですが・・・(笑)。

e146_mikomihanaine_tp_v

院長 矢作 祐介

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。