足根管症候群の原因と治療

足根管症候群のメカニズム

 足の裏がシビレる場合、足根管症候群の可能性があります。足の裏を支配する神経は脛骨神経といいますが、脛骨神経は内踝の後方を通過します。このエリアにある神経の通るトンネル内で神経が伸長牽引を受けると足の裏にシビレが生じます。

p_20160616_150812
この赤丸が足根管です。

後脛骨筋という足底のアーチを保持する筋肉があるのですが、この筋肉が何らかの原因で弱化すると足底のアーチが崩れ、踵骨の位置が変位します。

P_20160616_1508271

こんな風に変位するケースが多いです。

うなると、脛骨神経の通るトンネル(足根管)が狭くなり更に脛骨神経は細長く牽引されてしまうので、神経機能は正常に働きません。こうして足裏にシビレが生じるようになります。

当院では、変位してしまった踵骨を器具を使って正常位置に修正したり、弱化した後脛骨筋をアプライドキネシオロジーという特殊なカイロプラクティック技術で正常化する事で問題を解決していきます。

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。