耳鳴りの治し方⑥

耳鳴りの治し方⑥~心理面~

 

大御所登場(苦笑)

心理面へのアプローチというのは実は耳鳴り治療における最大の関門です。そして心理面で解決せねばならない敵の正体とは・・・

不安

です。耳鳴りには様々なパターンがあるのですが、共通するのは不安感です。

一体自分の体の中で何が起きているのか判らない、いつまでこの音が続くのか判らない、本当に治るのだろうか・・・etc

そういった思いが不安感を生み、生み出された不安感が更に耳鳴りを生む悪循環。

そして次に問題になるのは

孤独感

でしょうか。

耳鳴りの苦しみは本人にしか判りません。例えば骨折ならば誰の目にも明らか。周囲に大変さを判ってもらえるでしょうし、労わってももらえるでしょう。癌なども同様ですね。社会的に苦しみを認知された病気は、周囲からの理解と温かい援助を受けることが期待できます。

けれど耳鳴りはどうでしょう?

耳鳴りという病気は、レントゲンで撮影する事も機械で計測する事も不可能です。現代科学では存在を確認することが出来ないのですね。その上ガンのように命を脅かす訳でもなく社会的に病気としての認知も低いまま。

耳鳴り患者は、その苦しみを周囲の人にはまったく理解される事がありません。そういった意味では耳鳴りという病気は癌よりもたちが悪いものかもしれません。

ではこの耳鳴り治療最大の関所にどうやって挑めば良いのでしょうか?その為の具多的な方策の一つがすでにお伝えした腸内環境改善と解毒です。世間的には何故か、心と体を切り離して考える風潮が強いのですが、実際には心身一如というように心と体は常に一体です。ですから精神的な苦しみについても同様に、まず体から考えるのが近道です。

”腸脳相関”という言葉はご存知でしょうか?要するに腸と脳はつながっているという意味です。実は心を安定させるホルモンであるセロトニンはその大半が腸で生産されています。セロトニン不足がウツの原因という話は聞いたことがあるかもしれませんね。心を安定させるセロトニンの大半が腸で生産されている以上、腸内環境が精神状態に大きな影響を与えるのは当然のお話ですよね。

だ・か・ら!

耳鳴り治療の最強の強敵である心理面(不安感と孤独感)の前に腸内環境改善のお話をさせて頂いて来たのです。更に解毒についても同様に、脳内でのホルモンの働きに悪影響を及ぼし精神活動に悪影響を与える因子ですからお話ししておく必要があったのですね。

では腸内環境改善と、解毒のみで事は足りるのでしょうか?

耳鳴りの治し方⑦

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

耳鳴り治療ご希望の方は、初回は長めにお時間を頂戴しますのでご予約の際は必ず耳鳴り治療希望とお申し出ください。

初回¥6,500 

次回以降¥5,500又は¥8,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。