膝のお皿が痛い

田町の整体 港カイロプラクティックの症例報告

 

膝の痛みの原因は小腸。

a0001_014333

年齢:40代

性別:男性

主訴:歩行時に、ひざのお皿の下側が痛い。

所見:膝関節のズレ。

当院での対応:カイロプラクティックでずれた膝関節を矯正。弱化筋をリンパ反射ポイントで調整。食養生。

総評:脛骨が大腿骨の後上方にずれていました。膝のお皿の下に痛みが出る典型的なパターンです。こういった種類の痛みは膝の痛みの中でも最も簡単なパターンです。

NUL

※この運動支点がズレていました。

膝関節を安定させる筋肉は大腿四頭筋といって大腿の前面にあるのですが、この筋肉は小腸に連動します。つまり小腸が機能低下を起こすと大腿四頭筋は弱化し、膝関節が不安定になるのですね。

また小腸の状態が良くないと身体は前傾姿勢になるのですが、身体が前傾するとその分ふくらはぎの筋肉には負担がかかり硬くなります。すると硬くなったふくらはぎの筋肉(腓腹筋)は脛骨を大腿骨に対して後方にずらし、結果的に膝のお皿下の痛みを誘発します。

”風が吹くと桶屋が儲かる”

そんな諺もありますが、様々な因子が複雑に連動して膝関節のズレを生じていたのですね。

こういったレントゲンでは映らない僅かなズレが強い痛みの原因になっているケースは頻想像以上に多いものです。

痛み自体は1回の施術で消失したのですが、再発を予防する為の食養生を実施して頂きました。

 

13343

当院では必要に応じてこのような食品サンプルを用いて、症状と食品との因果関係を調べアドバイス致します。

 

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。