不定愁訴の原因①~食用油~

何件病院に行っても原因不明と言われてしまう数々の不定愁訴。一体その原因はどこにあるのでしょう?

そのヒントが、

「”We are what we eat(私達は食べた物から出来ている)”」

 

こんな格言を皆さんはご存知でしょうか?アメリカ コロンビア大学公衆衛生学講座の教科書「40+GUIDE TO GOOD HEALTH」の冒頭分です。

みなさんご存知のように、私達の体というのは要するに食べたものから出来ていますよね?定期的に私達の体を構成する細胞は入れ替わっていますが、もしも身体に悪いものや、体に合わないものを食べていたら、正常に細胞は形成されるのでしょうか?健康な体は維持できるのでしょうか?

当然それは無理。

私達の健康に影響を与える食べ物はたくさんありますが、しばらく脂質についてお話していきましょう。

何故、脂質かって?それは脂質は細胞膜を構成する重要因子だから。私達の体は約60兆個の細胞から構成されていることを考えれば脂質(油)の大切さは何となくイメージが付きますよね?

 

糖質・脂質・タンパク質

これら3つが我々の構成要素です。そしてこの3大栄養素の内もっとも誤解されているのが、今回のテーマ”脂質(油)”でしょう。
本来、上記の3つは私達が健康を維持するうえで絶対欠かせない物です。なのに何故か脂質(油)のみが世間的には悪者扱いをされてしまっていますが(笑)

その誤解を解く為には、まず脂質(油)について少し勉強していく必要があります。
ちょっと難しい漢字が出てきますが出来る限り簡単な説明を試みるので、気を楽に付いてきてください。

では、まず油の分類を一覧にしてみましょう。

 

・飽和脂肪酸

・不飽和脂肪酸

 

少しだけ難しい漢字が出てきましたね。でもまだまだ大丈夫かな? 笑) 上記2つは最低覚えて欲しい油の大別です。
飽和脂肪酸動物由来の油、不飽和脂肪酸植物由来の油です。一部に例外はありますが、とりあえず例外は飛ばしておきましょう。

そして更に、植物由来の不飽和脂肪酸は細かく分類すると以下のように分かれます。

 

・不飽和脂肪酸=一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸。

 

そして更に、上記は細かく

 

一価不飽和脂肪酸=オメガ9

多価不飽和脂肪酸=オメガ6、オメガ3

 

と分類されるのですね。

どうですか、もう嫌になりましたか? 笑) 
多分ここが、油を理解するための第一関門です。

ここでいったんコーヒーブレイクとしましょう(笑)

a0011_000006

 

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。