不定愁訴の原因⑥~食用油~

さて前回、オメガ6のお話させて頂きましたね。

植物油(リノール酸:オメガ6)は安全だという神話の結果、私達の周囲はオメガ6系の油ばかりが多く流通してしまい、各種の不定愁訴の原因になっています。

ただ、誤解して頂きたくないのですがオメガ6はイコール毒ではありません。オメガ6も必須脂肪酸ですからね。細胞膜の構成材料として必要です。あくまでオメガ6との拮抗関係にあるオメガ3を摂らずに、オメガ6ばかりに摂取が偏るのが問題なのです。そこを忘れなく!

さて、今回は私達がもっと積極的に摂取するべき油”オメガ3”についてのお話です。

オメガ3というのはαリノレン酸という種類の脂肪酸です。主にアマニ油、シソ油、EPA、DHA等が知られていますね。
さてではオメガ3とはどんな性質を持っているのでしょうか?オメガ6との対比で見ていきましょう。

 

オメガ6・・・アレルギー促進、炎症促進、血栓促進、細胞膜を硬くする。
オメガ3・・・アレルギー抑制、炎症抑制、血栓抑制、細胞膜を柔らかくする。

 

見事に正反対です。これがオメガ3の拮抗作用なのですね。
現在はリノール酸信仰の結果、オメガ6が大量に出回っているので、バランスを取るためにオメガ3の摂取とオメガ6を控える事が必要なのですね。

なおこの重要なオメガ3は、米国食品医薬品局(FDA)によって、病気のリスクを軽減させる可能性がある旨の表示を企業に許可する「限定的健康強調表示(Qualified Health Claim)の承認を受けています。

 

~オメガ3によって期待できる働き~

・脳の健康を維持する

・神経疾患を予防する(うつ、統合失調症などの予防)

・骨の健康を維持する

・腸内環境改善

・炎症を抑える(アトピー、リウマチ、副腎疲労、PMSの改善)

・がんの予防

・スポーツ選手の持久力向上と怪我の予防

・生殖機能の向上、不妊症の予防

・心臓病の予防

・肥満の予防

・糖尿病の予防

etc

 

これほどの効果をもったスーパーオイルを私達は利用しない手はありませんよね。
そこで、亜麻仁油、シソ油、EPA、DHAの登場です。これらならばいずれでもオメガ3が摂取可能ですが、一般的にスーパー等で購入しやすいのは亜麻仁油、シソ油でしょうか。

EPA、DHAは魚油に含まれていて、一般的に青背の魚に含まれています。昔の日本人にアトピー等のアレルギー疾患が少なかったのは魚をたくさん食べていたからでしょう。ですから今でも魚を食べる事は健康に良いと思います。けれど、海洋汚染の進んだ昨今では重金属汚染等が少し心配です。特にマグロ等の大型魚類では蓄積している重金属の濃度が小型魚類よりも濃いようです。
残念ですが、EPA、DHAの摂取は魚よりも良質なサプリメントに頼った方が良いのかもしれませんね。

そういった点から考えると、オメガ3を摂取する為にもっとも簡単で現実的なのは亜麻仁油かシソ油を使う事でしょう。これらなら近所のスーパーで購入できるでしょう。

ただし、使用には注意が必要です。亜麻仁油、シソ油共に良質の不飽和脂肪酸ですから構造が不安定なんですね。加熱調理には向きませんし、開封後は必ず冷蔵庫で保存しなるべく早く使い切る必要があります。
メーカーによって味が違うのですが、一般的に植物本来の性質を残しているために香りにクセがある商品が多いようです。私自身は気にならないのですが・・・・。

基本的に、生での使用がおすすめです。ご飯にかけたり納豆に混ぜたり。サラダにかけてもおいしいと思います。値段も一般的な油に比べると高価ですし、どうせだから楽しんで取りたいものですね。

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。