更年期障害の原因と治療

更年期障害の原因と治療

 

エストロゲンとプロゲステロン。この2つが代表的な女性ホルモンです。更年期障害というのは、この2つのホルモンバランスが崩れた時に起こる不定愁訴の事です。ではなぜホルモンバランスが崩れてしまうのでしょうか?

 

①肝臓の機能低下

通常、不必要な女性ホルモンは肝臓で代謝され体外へ放出されるのですが、肝臓機能低下により要らなくなった女性ホルモンが排泄できなくなるとホルモンバランス異常の原因になります。

時折、「お酒を飲まないから私の肝臓は大丈夫」とか「病院の検査で異常が出なかったから肝臓は問題ない」と言われる方も多いのですが、お酒だけが肝臓に負担をかけている訳ではないし、病院の検査で肝臓機能の全てが確認できる訳でもありません。

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%aa%e3%83%b3donatsu20160715155804_tp_v

※意外かもしれませんが、マーガリンや小麦粉も肝臓の負担になります。

 

 

②腸内環境異常

加齢に伴い、必ず消化酵素の分泌量は減ってきます。それに伴い食物の代謝サイクルは機能低下をおこし腸内環境は悪化します。内部環境の悪化した腸は十分に栄養を吸収できませんからホルモンの材料も不足します。これがホルモンバランス異常の原因となります。

腸内環境悪化因子としては、消化酵素不足以外にも食品不耐性や、カンジダ菌等の因子も検討する必要があるでしょう。

5574201611101

※腸内細菌叢は更年期障害改善のカギになるケースが多々あります。

 

このような検査で不耐性食品を調べます。

 

③骨格の歪み

骨格構造、特に頭蓋骨の歪みはホルモンバランスの異常に直接に関与します。多くの場合は蝶形骨という頭蓋骨の中央深部の骨の動きに異常が起こり、下垂体(ホルモン分泌の要)の機能低下が起こりホルモンバランス異常に関与します。

scm

※頭蓋骨は接ぎ木細工のように複雑に組合い連動します。その為、体が歪むと頭蓋骨の歪みを誘発し、ホルモンバランス異常の原因になる事があります。

 

 

④心理面

加齢に対する不安感や、職場等でのストレスが自律神経を介してホルモン異常を誘発するのは良くある事です。

takebe055122916_tp_v

※心と体は連動します。現代西洋医学では何故か分割してしまうようですが・・・。

 

 

 

⑤毒素の蓄積

水銀、カドミウム、鉛、ヒ素、石油化学製品etc。

こういった毒物が年齢とともに蓄積すると、体内の代謝システムを大きく狂わせ、ホルモンバランス異常の原因になります。

miya16012231dsc_0353_tp_v

※体内がこんな状態だったら・・・

 

 

以上、更年期障害の原因を5つに分類しました。実際の更年期障害というのは上記の内のいくつかが合併してるケースが大半です。ですので対処としても、カイロプラクティックのみとか、鍼灸のみといった単一のアプローチでは限界があるのですね。

当院では、フィシオエナジェティックという手法を用いて上記5つの全ての分野に対応しながら更年期障害にアプローチ致します。

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。