足のシビレ(椎間板障害)

田町の整体 港カイロプラクティックの症例報告

 

性別:男性

主訴:右足の親指がいつもシビレている。

所見:第五腰椎の回旋側方変位による神経根牽引

当院での対応:骨盤と腰椎を矯正

総評:第五腰椎と第一仙椎の間の椎間板が薄くなり、その結果不安定になった第五腰椎が大きく捻じれながら横方向にすべっていました。左に腰椎の椎体がスライドすると右の神経が牽引されてしまうので、腰神経末端のエリアにシビレがでます。

整形外科では、よく神経圧迫でシビレが出ると説明されますがそれは間違いです。神経圧迫で起こるのは筋力低下と感覚低下で、シビレや痛みではありません。

神経への物理的な干渉でシビレが起こる場合もっとも多いのは骨格の歪み(サブラクセーション)による、神経の牽引です。神経の牽引により内腔の狭くなった神経内部では情報の伝達異常が起こり、結果としてシビレが生じるのですね。引っ張られたゴムホースをイメージすると良いかもしれませんね。

この方は、整形外科や整骨院でずっと牽引療法を受けていたのですが治らずに当院へ来院されました。初回の矯正で即座にシビレは消失しましたが、長期間続いていたシビレが一回の治療で消失するのは稀な事です。幸運なケースだったと思います。

NUL

 この椎間板が薄くなったせいで上の腰椎椎体が不安定になり神経(黄色)を牽引していました。椎間板が神経を圧迫してもシビレというのは原則起こりません。椎間板障害がシビレに関与するとしたら、今回のように椎間板が薄くなった結果、椎体間(骨格)が不安定になり結果として神経が牽引(圧迫ではなく)された時です。

牽引によりシビレが出ている訳ですから、それを牽引療法で改善しようとするのはナンセンスでしょう。

 

 

~参照HP~

牽引療法は間違いです!

椎間板ヘルニアの嘘

 

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500 

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。