赤ちゃんを抱くと手首が痛い(腱鞘炎)

田町の整体 港カイロプラクティックの症例報告

 

猫背は腱鞘炎の原因に。

ameneko8474_tp_v

年齢:30代

性別:女性

主訴:赤ちゃんを抱くときに手首(親指の付け根)が痛い

所見:大菱形骨と腕橈関節のズレ。

当院での対応:手首と肘の矯正。アイシング。姿勢指導。

総評:普段の座り姿勢が悪く背骨が逆カーブになっていました。背骨に湾曲異常があると、運動支点が変わるせいで手首を支える筋肉や関節に異常に負担がかかります。こういった場合は、手首より先に背骨の矯正と姿勢指導が重要です。

背骨を矯正し、姿勢指導をする事でまず手首に負担を減らすための安定した土台を作るのですね。

195008

親指を支える大菱形骨がこのようにずれていました。

 

2

手首の支点となる腕橈関節がこのように離解していました。この関節の離解が生じると肘と手首をつなぐ腕橈骨筋に異常緊張が生じます。異常緊張により負担の増した腱に浮きあがった大菱形骨がこすれる事で腱鞘炎になっていたのですね。

異常緊張の腕橈骨筋には鍼治療。炎症患部にはアイシングを指導しました。

特に若いお母さんに多いのですが、赤ちゃんを抱くときに猫背になるせいで腱鞘炎を起こす事が多いようです。心当たりのある方は、なるべく猫背にならないよう意識して、さらに痛む場所にアイシングをされると良いでしょう。

それで痛みが引かないようなら、関節の矯正も必要ですからその際はお気軽にご来院下さい。

 

 

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

初回¥6,500

次回以降¥5,500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

JR山手、京浜東北線 田町線駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。