耳鳴りの自主管理① タンパク質

多くの耳鳴りは加齢に伴い発症します。という事は加齢に対抗する手段が耳鳴りの自主管理に役立つ可能性が高いという事です。

では加齢とは何でしょうか? 

加齢とはようするに糖化酸化の2つと言われています。

では抗酸化、抗糖化対策に必要な物は?

その代表が”タンパク質”です。

では具体的にタンパク質は耳鳴りのどこに効果があるのでしょうか? 

私の経験上、多くの耳鳴りは慢性ウィルス感染・重金属蓄積・活性酸素・酸欠等が関与しています。

ウィルスをやっつける免疫細胞も酵素も材料はタンパク質

重金属を解毒する物質もタンパク質

酸素を神経まで運ぶのもタンパク質

活性酸素を分解する酵素もタンパク質

加齢により胃酸の分泌量が減り、結果としてタンパク質を吸収する能力も低下します。老化現象というのは複雑なドミノ倒しのような現象ですが、ドミノの一番最初にあるのは胃酸分泌低下によるタンパク質の吸収能力低下だと思って良いでしょう。

多くの慢性疾患は加齢により発症しますが、耳鳴りも加齢現象であるならばタンパク質の吸収能力改善が、耳鳴り自主管理の一つの手段になるはずです。

では具体的にどうしたら良いのでしょうか?

①良く噛む

良く噛む事で食物は十分に粉砕され、胃酸の分泌も向上します。最低30回はしっかり噛むようにして下さい。

②胃酸不足を補う

食前にキャベツ、ゴーヤー等の苦い野菜を食べる。

純リンゴ酢を水で3~5倍程度に薄め、食前食中に飲む。

レモン果汁を水で3~5倍程度に薄め食前食中に飲む。

消化酵素(ベタインHCL等)を利用する。

※ベタインHCLは胃内部のphを強酸にするサプリメントです。iherb等で購入出来ますが、まれに胃痛や吐き気を生じる事があります。
ご利用の際はあくまで個人の判断で十分注意してご利用下さい。

③食品制限をする。

小麦・乳製品・砂糖・コーヒー・アルコールを避けて下さい。腸粘膜を荒らし、タンパク質の吸収を阻害する可能性があります。また大豆製品を過剰に摂取する事も控えた方が良いでしょう。

もしも、下痢や便秘がある場合は上記を暫く実行して様子を見て下さい。もし便通が正常ならば④へ進みます。

④タンパク質の摂取量を増量する。

タンパク質の一日摂取量の目安は、体重×1~1.5g程度と考えて下さい。摂取するタンパク質は肉・卵等の動物性の物を中心に、足りない分はプロテイン(WPI製法)で補います。

またストレス等によっても一日の必要タンパク質量は変動します。下記を参考に調整して下さい。

100gあたりのたんぱく質量(日本食品標準成分表2010より抜粋)

■鶏ささ身23.0g  ■豚ヒレ肉22.8g  ■牛ヒレ肉21.3g

■豚もも肉(脂身つき)20.5g   ■牛もも肉(脂身つき)19.5g

■鶏むね肉(皮付き)19.5g  ■くろまぐろ赤身26.4g  ■ほんがつお25.8g 

■さけ22.3g   ■ぶり21.4g    ■卵(1個)6.2g

タンパク質を消化分解する消化酵素はタンパク質で出来ています。要するにタンパク質をタンパク質で分解するのですね。

多くの耳鳴り患者様は糖質過剰の食生活を長期間続けた結果、タンパク質分解の為の消化酵素が不足している可能性があります。こういった場合、最初から急激にタンパク質を増やすと、体が拒絶反応を起こす事があります。

もしもタンパク質摂取量を増やして、体調が優れない場合は、量を加減したりプロテインを小分けにしたりされてみて下さい。通常は少しずつタンパク質の吸収能力も改善する筈です。

注意事項

※連日同じたんぱく質の摂取を続けると、アレルギーの原因になる事があるのでなるべくローテーションで摂取(例:豚→鳥→牛)する。

※体脂肪率を逐次チェックする。体脂肪率が増え始めたら、栄養素の摂取過剰の可能性があるので、まず炭水化物を少し減らし様子を見る。

※急激にたんぱく質の摂取量を増やすと便秘になる可能性があるので、普段から食物繊維も摂取する事。またマグネシウムやビタミンCの併用が必要になるケースもある。

※大量のたんぱく質の摂取が肝臓の負担になるケースもあるので、不調を感じた際は直ちにたんぱく質の大量摂取を中止もしくは大幅に減らすして様子を見る。又はビタミンB6の併用を検討する。

※例外的なケースですが、タンパク質の代謝経路に遺伝的に問題を抱えている方もいらっしゃいます。こういった場合、大量にタンパク質を摂取すると頭痛を起こす事が多いようです。もしタンパク質摂取に伴い頭痛が発症するなら、遺伝的な問題がある可能性があるので、中止されて下さい。

※耳鳴りの自主管理とはあくまで自分の努力により60点を目指すものです。100点の効果を目指すものではない点ご理解下さい。

ここに記載されている内容は、あくまで加齢に伴い自然に発症する耳鳴りを対象としています。音響外傷や腫瘍等によるものには対応できる内容ではない点ご理解下さい。またメール、電話等による個別相談はお断りしております。何卒ご了承ください。

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

耳鳴り治療ご希望の方は、初回は長めにお時間を頂戴しますのでご予約の際は必ず耳鳴り治療希望とお申し出ください。

初回:¥6,500(検査料¥1,000込)

2回目以降:¥5,500

※鍼灸施術併用は別途¥1,000~¥3,000

※施術着替え¥100(初回のみ無料)

※各種文書作成費(通院証明等)¥500

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

初めての方は田町駅のご利用をお勧めします。三田駅A9出口からいらっしゃる場合は迷いやすいので十分に事前に地図を確認なさって下さい。当日のお電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

JR山手、京浜東北線 田町駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。