副腎疲労症候群の原因と施術:フィシオエナジェティック

副腎疲労の女の子副腎疲労とは?

takebe055122916_tp_v

副腎疲労症候群とは?

 慢性的な疲労感、それも病的な。例えば学校へ行けない、仕事へ行けないそういった状態が長期間続くのが特徴です。慢性疲労症候群というよく似たものもあります。

通常でしたら、一定期間休めば疲労も回復するものですが、副腎疲労症候群の方は普通に休んでも何らかの因子のせいで身体が回復できない状態です。

疲れの直接の原因は”副腎”という臓器が十分にホルモンの分泌が出来ない状態に陥っているせいですが、副腎がホルモンを分泌できなくなる原因は多岐にわたります。

下図の2つの赤丸が副腎です。

adrenal
ネッター解剖学譜より

通常は副腎が、身体を動かすのに必要なブースターのようなホルモン(コルチゾールといいます)を分泌する事で我々は元気に活動できるのです。

副腎がホルモンを分泌出来なくなる原因とは?

①精神的ストレス

職場や学校での精神的ストレスは副腎を蝕みます。副腎疲労症候群で悩む方にはこういった精神的ストレスが多くの場合関与します。

②飲食物

飲食物からのストレス、いわゆる生化学的ストレス。副腎疲労症候群でお悩みの方に多いのは過剰なカフェイン、アルコール、炭水化物、加工食品等の摂取。及び不耐性食品の摂取です。

不耐性食品というには一種の食品アレルギーですが、個人差がかなりあります。ですが最も身近な不耐性食品は牛乳、小麦が双璧でしょう。

③電磁波

電磁波は体内で活性酸素を大量に発生させることで副腎疲労症候群を誘発します。4Gから5Gへの移行を受け今後さらに電磁波の問題は増えるでしょう。

④重金属・ウイルス

代表的な重金属は水銀と鉛。代表的なウイルスはヘルペスウイルスです。重金属は体内に蓄積することで触媒のように作用しウイルスの増殖を招き、また重金属それ自身も活性酸素を発生したり、酵素の機能を障害する事で副腎機能を低下させます。

メチレーションという体内の代謝機構に先天的な異常(SNIP)がある方は特に重金属が蓄積しやすく、そのためこういったケースでは通常の栄養療法に加えメチレーションそのものに対するアプローチがどうしても必要です。

メチレーション検査キット

metylation

重金属・ウィルス等の対処法用検査キット

副腎疲労症候群の4大因子に対して当院ではフィシオエナジェティックで対応します。限定的に鍼灸やカイロプラクティックを併用するケースもあるのですが、根本的な改善を目指すのならフィシオエナジェティックが最も有効です。

フィシオエナジェティックとは、ヨーロッパの医師により開発された自然療法でもともとはカイロプラクティックの一分野であるアプライドキネシオロジーを原形としています。

フィシオエナジェティックとは?

田町の整体 港カイロプラクティックはりきゅう恩応治療院

友だち追加

〒105-0014 東京都港区芝2-30-14 阿部ビル1F
TEL.03-3455-7830

アクセス

電車の場合

初めての方は田町駅のご利用をお勧めします。三田駅A9出口からいらっしゃる場合は迷いやすいので十分に事前に地図を確認なさって下さい。当日のお電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

JR山手、京浜東北線 田町駅西口を出て、約8分。
浅草線 三田駅A9出口より徒歩4分。
地下鉄 芝公園駅A1出口から徒歩4分。

自動車の場合

近隣にコインパーキングあり。

タイトルとURLをコピーしました